1月26日(土) 晴れ 8℃ 参加者 5人

作業は斜面の下草刈りと中央広場付近にある太めの枝30本を奥の斜面に移しました。雪のため枝が結構散乱していました。今が一番寒さが厳しいときですが、里山では確実に木々の芽が膨らんでいます。

2月10日(日) 晴れ 10℃ 参加者 5人      

思ったより暖かく日差しも強くなっているのが分かりました。休憩の時に鳶が鳴きながら飛んでいきました。雑木林のやや遠くから見る梢の広がうっすらと霞んだ緑になっていました。やはり春なんだと感じたとき足下にシュンランの花芽が大きくなっているのが見つかりました。

 

今日の作業は主に斜面のアズマネザサの刈り込みと枝の整理をしました。

2月23日 (土) 晴れ 10℃ 参加者6名 プラス レンジャーズ隊員14名

寒い一日でしたがそれでも里山は春の日差しを受けて作業に入るとちょっぴりあせをかくほどでした。コゲラのドラミングも聞かれました。また、羽毛のような毛が付いているテイカカズラの種が見つかりました。遠くに飛ばす働きがあるようです。

 

この日も各地から里山再生レンジャーズの皆さんが参加してくれました。中央広場から左(北西)をやや斜面を刈りました。後半、シロダモやアオキを伐採しました。2人組みで来ていた女性は切りながらスマホで撮影し合っていました。「もっとやりたい」という参加者も何人かいて、楽しみながらの活動が大切だと思いました。今日も作業した付近は見違えるようになりました。

3月10日(日) 晴れ 25℃ 参加者 7人

開始前にタイワンリスが走って行きました。シュンランが花を咲かせていました。ウグイスカグラの薄ピンクやキブシの薄黄色に垂れ下がる花は・・・雑木林も春ですね。

 

作業は椎茸の原木に菌を打ち込み丸太の枕木に寝かせました。草木の整理だけでなく新しいことを始めるのはいい気分です。

 

あちこちでくしゃみが・・・、花粉症の季節です。

3月23日 (土) 晴れ 19℃ 参加者 4名

新桜が丘の桜並木もほぼ満開になりましたが、里山の山桜も一気に咲きました。今日はベンチの設置をしました。他の作業はしないで調査兼ねて北側の斜面を中心に回りました。ウワミズザクラの大きな株、カクレミノ群、シュンランとエビネの大きな株もありました。タイワンリスの巣が落ちていたり、掛けておいた鳥用の巣箱がリスにかじられていたりしました。昆虫ではコマルハナバチの女王が数カ所で見られツリアブも見つかりました。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    sek stel (金曜日, 03 11月 2017 18:46)

    najforemniej

  • #2

    wróżka 0-700 (土曜日, 18 11月 2017 02:26)

    oznakowując